共和の「和」 ~新春号~

 2014 年頭挨拶

 新年明けましておめでとうございます。新年の挨拶を申しあげます。
 年も改まり、年末年始の休暇でリフレッシュしたところで、新しい年を元気にスタートさせましょう。
 2014年(平成26年)の干支は、甲牛です。甲は陽の木性で、樹木を示し、成長・上昇を意味します。又、牛は火性の十二支で明るさ、暖かさを意味すると言われています。前回の甲馬年である1954年(昭和29年)は、日本経済成長が始まった年です。1954年は、戦後復興期でもあり国全体として経済成長へと向ったわけですが個人の才覚によって成長の波に乗れるか乗れないか大きな差が生じるそうです。上手に暴れ馬を乗りこなしてスピーディーに目的地に到着する人もいれば、落馬して大怪我をする人も出ると言うことです。大怪我しないためには、人材の成長であり一人ひとりが仕事を通じて成長する事で会社も成長します。将来の自分自身のありたい姿を明確にした上で今、何をすべきか考えてください。未来は明日作るものではなく今、作るものです。「何時やるの?今でしょう!」です。成長の機会は与えられるのを待つのではなく自ら取りに行くべきものです。今年は皆さん方のありたい姿への取組みを主体的に行い自分自身を磨く年にしてください。落馬して大怪我しないでください。
 2012年の政権交代により安部総理大臣の掲げるアベノミクスの第二の矢、積極財政で公共工事の発注が多く出ましたが職人不足・重機械不足・資材不足によりかなり苦戦し落馬しそうになりました。又、本年も積極財政は継続すると言っていますので工事発注量はあると思っています。計画的に受注し、発注者・地元関係者・協力会社としっかり協議を行い早期着手して、上手に暴れ馬を乗りこなし、スピーディーに目的地に到着して行きたいと思っています。
 昨年を振り返って見ると異常に台風の日本への襲来があり海岸工事では、被害を受けたり10月には、35℃を超える猛暑日があったりで社員の皆さん方には大変苦労を掛けたと思っています。このような異常気象による自然災害の発生も年々増加傾向にあるようなので今後も社会資本整備が必要です。私ども仕事は、「日本を自然災害から守る」と言う重要な任務があります。ウルトラマンと同様であるので、皆さん仕事に誇りを持ってください。
 又、例年より工事量が多く有りましたが事故の発生もなく業績も計画どおりで現在に至っています。日本全体では、富士山の世界文化遺産とか東京オリンピックの開催など明るいニュースもあるので、わが社にとっても明るい未来があると思っていますので皆さんプラス思考で物事を考えてください。又、2013年の「今年の漢字」に「輪」が選ばれました。これは、五輪の「輪」以外に世界文化遺産・オリンピック誘致のプレゼンテーションのチームワークが良かったとか自然災害に対する支援の輪が広がった事からであるようです。わが社においてもチームワークを良くするため68期の重点目標でもあるコミュニケーションの強化により意志疎通を図ってください。又、困った人を助けると言うような精神、自己中心ではなく他社中心で仕事をすることで技術のレベルアップを図り、2014年を元気に楽しく仕事を行うようにスタートして行きましょう。
 終わりに、今年も共和土木の従業員の皆さんとそのご家族の健康とご活躍を祈念しまして、新年の挨拶といたします。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

会社概要

お問い合せ

 共和土木株式会社
 〒938-0001 富山県黒部市荒俣1600番地
 tel:0765-57-1176 / fax:0765-57-0364
  >>お問合わせはこちら