共和の「和」 ~12月号~

 吉原離岸堤その3工事を終えて

[工事概要]
 本工事は下新川海岸入善町吉原地先(80m沖)において高波に対する安全性が低下した既設離岸堤を大型異形ブロック40tにより補強することで高波の影響による浸水被害を防ぎ背後地の安全性を確保することを目的とした工事である。

 大まかな施工フローは①起工測量⇒②既設散乱ブロック撤去・仮置き⇒③アスファルトマット据付⇒④捨石投入、荒均し⇒⑤被覆・根固めブロック据付⇒⑥既設散乱ブロック撤去・再設置⇒⑦本体ブロック据付となり潜水・台船による作業が主体の海上工事である。
海上工事は陸上作業と違い海象状況に左右されやすく思うような工程で作業することができない。したがって、工程に関係する問題を事前に解決して円滑な工程を確保する必要がある。今回は本工事を完成させるために工程・安全・周辺地域への取り組みを行った。

 主として休日返上で作業して頂いた努力の結果が大きく9月19日に本体ブロックの据付を完了することができた。今年は例年になく9月の海象条件がよかったが、一つ躓くと1日の遅れが1週間~10日となっていくのが海洋工事です。現場を管理する上で、自然以外の要素での遅れは絶対に発生させない努力が必要となる。ここで途中のプロセスが重要となってきますが、各現場事前にテーマを決めて問題解決に取り組めば良い結果がついてくると思う。
 最後になりますが、工事に携わった共和土木の社員・作業員、下請け協力会社の皆様には重量物取り扱い作業で一歩間違うと死亡事故につながる緊張のなか安全最優先で無事故で工事を完成していただき現場職員一同感謝しております。
 また、社内においては、最近大きな事故も無く油断が出る頃だと思うが、一人一人が安全意識のさらなる高揚に取り組んでいけば良い雰囲気のなか無事故を継続していけるものと信じております。社員の皆様、入善海岸吉原沖80mに工事完成物がありますので一度立ち寄ってみてください。

会社概要

お問い合せ

 共和土木株式会社
 〒938-0001 富山県黒部市荒俣1600番地
 tel:0765-57-1176 / fax:0765-57-0364
  >>お問合わせはこちら