スギヒノキの樹皮って何?

国産のスギとヒノキの樹皮を使った天然素材商品

 「スギヒノキの樹皮」とは

「スギヒノキの樹皮」とは、針葉樹の杉・檜の樹皮を綿状に特殊加工(主に粉炭)した天然素材です。この杉・檜の樹皮には、天然の殺菌力があり、また腐りにくい特徴があります。そのため先人はこれらの特徴を上手に利用して、神社・仏閣の屋根材「桧皮葺(ひわだぶき)」として使用しておりました。

①スギヒノキの繊維に土粒子が絡まり連帯感が強くなる為、風で飛ばされにくく砂埃が少ない
   又、 水で流されにくく流失も少ない
②スギヒノキの繊維質が空隙率(空隙率18%程度)を高める為、柔らかでクッション性が良い。
   (スギヒノキの繊維なしの土壌では空隙率は5%程度のみ
③空隙率が高い為、雨が降っても吸い取り紙のように水分を吸収して水はけが良い
  →雨上がり後すぐに使えます
④表面に水を残さないので雑草も生えにくくメンテナンスが楽になります。
⑤現況土を利用する為、短期間で安上がりになります。

土壌改良事業

樹皮舗装工法について

施工実績

お問い合せ

 共和土木株式会社
 〒938-0001 富山県黒部市荒俣1600番地
 tel:0765-57-1176 / fax:0765-57-0364
  >>お問合わせはこちら